エンターテイメントの可能性を広げるLEDドローン

最先端

1

エンターテイメント

集客力抜群

フォトジェニック

2

とにかく

フォトジェニック

拡散力抜群

簡単シンクロ

3

花火や 音楽、映像と

簡単にシンクロ

安全性

4

落下させない監視システム

(当社のみ)

 

よくある質問

Q

ドローンライトショーの魅力は何ですか?

まだ日本国内の実績がゼロに近いので、タイトルだけで誰もが見に行きたくなる集客力です。
さらに、大空に描かれるため、客席前方からはるか後方の人までの全員が見て、撮影するので拡散効果抜群です。

Q

花火や音楽とシンクロさせて飛ばすことはできますか?

もちろん可能です。事前に演出の方向性と音楽をいただき、尺に合わせたシミュレーション動画を予めご確認いただきます。

Q

何分ぐらい飛ばすことが可能ですか?

離陸~着陸までの時間は最長12分間となります。なので、演出で使用する時間は8分ぐらいになるのではないでしょうか。
これ以上に長い時間飛ばしたい場合は、前半用と後半用に分けて飛ばします。(倍数のドローンが必要です)

Q

風や雨には耐えますか?

風には意外に強いです 。(平均風速7m未満)状況にもよりますが、原則、雨が降っている場合はドローンは飛ばせないです。

Q

飛ばすことができる場所が限られるのではないですか?

航空法で、150メートル以上の上空・空港や空港周辺の制限表面とされる空域・人口集中地区は飛ばすことができませんが、スタジアム・遊園地・ゴルフ場などの私有地は飛ばすことができます。また、公共の場所においては、自治体などの許可を得て飛ばすことが可能になります。

Q

ドローン落下事故の危険性は?

セキュリティシステムによる落下させない仕組みは当社のみ。 異常を素早く検知し、異常機は手動で基地に戻します。 
※2019年までの落下台数ゼロ/演出実績2000回

Q

私有地だとどんな環境でも飛ばすことができますか?

電波障害がなければ大丈夫です。本格的に採用したい意向がありましたら、現地の調査に伺います。

Q

主催者側で準備するものは何ですか?

●ドローンの離発着場●ドローンの充電場所の2点です。それぞれ条件がありますのでご注意ください。

Q

どのような許可が必要ですか?

地方航空局他、場所に応じていくつかの許可申請が必要です。公共の場所については自治体や、海上については海上保安庁などの追加許可が必要となります。

Q

充電時間はどれぐらい必要ですか?

4時間以上必要です。

Q

ドローンの離発着場は駐車場でも可能ですか?

可能です。照明灯などがあっても後述の条件を満たしていれば離発着場として利用できます。

Q

ドローンの離発着場の条件を教えてください。

① 離発着場は、1.5×2m×基数分の面積以上の広さであること。 
② 離発着場は、観客や歩行者から30m以上離れていること。
③ 離発着場は、ドローン飛行場所から400m以内の位置であること。(無線が安全に届く距離=400m) 
④ 床面は平らであることに加え、鉄板が入っているなど、 電波障害を起こしやすい環境は不可となります。

Q

ドローンは毎日撤去するのですか?離発着場はどれぐらいの時間使用しますか?

実施時間の4時間前から離発着場のドローンを並べ始めます。(ドローンの台数によって必要時間は変わります。)実施終了後はドローンを撤収し、充電場所へ運搬し、ドローンへの充電を開始します。また、RTKアンテナなど24時間据え置きしたい備品もあります。

Q

ドローンの充電場所はどれぐらい必要ですか?

① 充電場所は、50㎡/ 100基×基数分の面積以上の広さであること。
② 1台25w×基数分の電力が供給できること。
③ 基数分のコンセントタップを準備できること。

Q

どれぐらいの費用が必要ですか?

100基1日公演で一千数百万円~となります。これより期間が長くなる場合は主に人件費のみ加算されます。

 

会場条件

【離発着場の確保】

①離発着場は、1.5×2m×基数分の面積以上の広さであること。※図1

②離発着場は、観客や歩行者から30m以上離れていること。※図2

③離発着場は、ドローン飛行場所から400m以内の位置であること。※図3

④床面は平らであることに加え、鉄板が入っているなど、電波障害を起こしやすい環境は不可となります。

【充電場所の確保】

①充電場所は、50㎡ /100基 ×基数分の面積以上の広さであること。※図4

②1台25w×基数分の電力が供給できること。図4 (例:24台=600w)

③基数分のコンセントタップを準備できること。

【航空法】

①空港周辺の上空空域以外であること。

②人口集中地区の上空以外であること。

③150m未満の高さの空域であること。

④各自治体が定める条例で禁止されている空域でないこと。

ご契約から本番当日までのスケジュール

2カ月以上の準備期間が必要です。

ご契約

●現地ロケハン
●演出の方向性確認
●タイムチャート・音楽等の受理
●演出計画書作成(DAMODA)
●計画内容の最終確認

●ATA申請

シミュレーション

動画作成

輸送(船便)・通関

本番当日 1週間前

現地テスト リハーサル

本番当日

本番当日の飛行条件

下記の条件では飛行できません。

雨が降っている場合

平均風速 7m以上

電波干渉などで

操縦不可能な場合

●ラジコン~ドローン操作 5.8GHz
●ドローン間 900MHz
●PC~ドローンプログラム制御信号 2.4GHz

 
「ドローンライトショー」に関するご質問・お問い合わせ
  • Grey Facebook Icon
  • グレーInstagramのアイコン

© 2018 by 有限会社ティーツーアール All Rights Reserved.